お小遣い稼ぎに最適なポイントサイトの始め方

Money
(写真=PIXTA)
「家にいながらにして、お小遣いが稼げる」。こんなキャッチを掲げて運営されているサイトが世の中には複数存在しますが、その一つがポイントサイトです。

ただ、一口にポイントサイトといっても、さまざまなポイントサイトがあり、どのポイントサイトに登録するのが最適なのかを見極めることがとても重要です。

ポイントサイトとは何か?

ポイントサイトとは、バナー広告をクリックしたり、アンケートに答えたり、また、ゲームなどの無料コンテンツに参加したりして、ポイントを貯めることができるサイトのことです。

そのポイントは、換金したり、サイト内の商品をポイントで購入したりすることもできます。ほとんどのポイントサイトでは、ある一定ポイントに達すると換金が可能になるように設定されています。

家にいながらにしてお小遣いを稼げるという気軽さから、主婦層を中心に人気が広がっているサービスです。

なぜ無償でポイントをくれるのか?

ポイントサイトでは無償でポイントをユーザーに与えているわけですが、実際は無償でポイントを与えていても、きちんと収益を上げられる仕組みを作っています。

たとえば、あるユーザーがそのサイト内の広告バナーをクリックして1,000円分の商品を購入したとします。この時、ユーザーには1,000ポイントがポイントサイト側からもらえることになっているとします。ユーザーは1,000円の現金を使用しましたが、1,000ポイントをもらえるので、またそのポイントをサイト内で使うことができることを考えると、このサイト内において、無料で商品をゲットしたことになるのです。

しかし、これだけではポイントサイト側での利益は生まれません。そこでポイントサイト側では広告主から商品が購入されたときに、広告料をもらえるようになっているのです。

広告主は少しでも自社の商品の知名度を上げたいと考えています。ポイントサイトの運営者には、購入者に付与するポイント分の金額と、ポイントサイトの使用料を合わせた金額分を支払っていると考えられます。

このようにしてポイントサイトのユーザーは、そのポイントサイト内において無料で商品をゲットしたことになり、当然ながら得をします。また、ポイントサイト側は広告主からユーザーに付与したポイント金額分に加えて使用料が得られ、得をします。広告主は商品の知名度があがり、得をしたと考えているのでしょう。

ポイントサイトの注意点

ポイントサイトに個人情報を載せてしまったために、身に覚えのない有料サイトから架空請求が来たという被害もあるようです。また、見知らぬメールアドレスからスパムメールが大量に送られるようになったという被害も報告されています。

すべてのポイントサイトが優良なポイントサイトではない可能性があるため、個人情報はできる限り登録しないようにしなくてはいけません。

ポイントサイトの中には換金に応じてくれないものや、なかなかポイントが貯まらないように設定されているものもあるようです。ポイントサイトを始める際にはまず、最低換金額の確認はもちろん、サイトの運営者が誰なのか、運営者情報をきちんと把握する必要もあります。また、優良なポイントサイトかどうか、事前にネットで評判などを調べることも有用です。