ネットショップで◯万円を稼ぐには?

Young woman
(写真=PIXTA)
インターネットを経由して買い物する事が珍しくなくなり、インターネット販売は百貨店などの小売り大手も無視できない規模にまで成長しました。大規模なインターネットショッピングモールを運営する会社が球団を運営したり、テレビでCMをどんどん流したりするなど、実際の生活においてもその存在感は増しています。

ネットショップの経営は、確実に右肩あがりの成長をもたらしているのでしょうか。その実態を解説します。

ネットショップは赤字が大半というのは本当?

1990年代後半からインターネットの普及に伴い、手軽に始められるネットショップは決済代行サービスや大手インターネットショッピングモールの台頭に後押しされ、爆発的にその数を増やしました。実店舗より、資金や労力を必要としないことから副業としてのニーズも高く、簡単にネット上にお店を持てるということで、多くの参入者がありました。ですが、ネットショップ開設から1年程で半数のショップが消え、継続的に利益をあげているショップは数パーセントに満たない、とも言われています。

ビジネスとして成功するには、継続的に利益を上げるネットショップ経営を行う必要があります。クリアしなければいけない課題は、毎月の運営費を超える売上を計上して黒字を出すということです。当たり前だと思われるかも知れませんが、ネットショップを開設してすぐに十分な売上をあげることは、容易ではありません。赤字のネットショップを黒字化するのは、日を追うごとに困難になるので、資金面やショップの構成を自由に選べる開設時が、ネットショップ成功において大きなウェイトを占めているといえます。

現在はネットショップが飽和状態にあり、開設時にショップ運営について慎重に考えることが、重要になります。

ネットショップで儲かる商品は? 稼ぐ方法

一番の理想は、オリジナルの定番商品を作ることです。自分のネットショップでの独占販売となれば顧客の囲い込みも容易になって、商品を買い続けてくれるリピーターを確保でき、ライバルとの価格競争で神経を使うこともありません。市場において、オリジナル商品を開発・継続販売することによって、ネットショップのブランド力を高めることができれば、安定的で理想的なショップ運営の実現が可能になります。

ネットショップで稼ぐには、目的や目標に合わせてリスクをコントロールすることが重要です。自ら販売サイト作ることで運営費を圧縮する、集客に自信がないからYahoo! に出品して販売する、など得手不得手や優先事項に合わせると良いでしょう。また、お小遣い程度収入を得られればいいのでアフィリエイトブログを作るなど、それぞれの目的に合わせて適正なサービスを利用することも成功への秘訣です。

家電製品やブランド品などの商品は、1円でも安く仕入れることで利益を出す可能性が高くなります。ライバルに負けない仕入れ先を開拓できれば、運営の強みになるでしょう。

海外ファッションの通販に特化したBUYMA(バイマ)や、フリマアプリのメルカリなどの新しいプラットフォームを開拓することも、ネットショップで収入を得る方法の一つです。ネット販売の基盤となるサービスは次々と誕生していますので、常にアンテナを張ることで新規顧客を獲得できるチャンスを広げられるでしょう。

ネットショップは出店すれば儲かるという時代から、取捨選択されショップとしての質を問われる時代になりました。裏を返せば自分のこだわりや努力が報われる市場になった、といってもいえます。

ネット販売の方法やサービスが多く誕生するなか、自分の強みを活かして収入を得ることは、決して困難なことではありません。むしろチャンスと捉えて、ネットショップ経営にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。